IRDBコンテンツ分析について    ヘルプ    お知らせ
    お問い合わせ    English
機関名等から検索:

IRDBコンテンツ分析システムでできること

月末に以下の項目を分析し、カウントしています。
すべてのデータはTSV形式(文字コードはUTF-8)でダウンロードできます。

IRDB全体の分析項目:
IR毎の分析項目:
  • コンテンツの増減
  • コンテンツのうち、本文有無の割合
  • コンテンツの版(著者版、出版社版、その他)の分布
  • コンテンツの言語(日本語、英語、その他)の分布
各機関からの申請に基づき、以下の各IRの情報も掲載しています。
  • 機関コード
  • 機関名称(日)
  • 機関名称(英)
  • 設置種別
  • 機関規模
  • 機関リポジトリ名称(日)
  • 機関リポジトリ名称(英)
  • 機関リポジトリトップページ画像
  • 機関リポジトリへのリンク(日)
  • 機関リポジトリへのリンク(英)
  • 機関リポジトリロゴマーク
  • 郵便番号
  • 住所
  • 使用ソフトウェア
  • 試験公開日
  • 本公開日
  • 備考(日)
  • 備考(英)
機関リポジトリにアクセスのあったクローラー(ロボット)の情報も掲載しています。
ダウンロードしたクローラー(ロボット)情報は機関リポジトリシステムの統計にお使いいただけます。ご利用の際は、「IRDBコンテンツシステムで提供しているクローラー(ロボット)情報を使用している」旨を明記していただければ幸いです。

▲ページTOPへ戻る
 

統計の仕様

  • IRDB全体のコンテンツ増減:
    NIItype(学術雑誌論文、学位論文、紀要論文等の資料のタイプ)ごとのコンテンツ数をカウントし、それを合計してIRDB全体のコンテンツ数も算出しています。

  • IRDB全体の本文有無の割合:
    NIItypeごとに本文コンテンツの割合(本文へのリンク項目"fullTextURL"の有無で判断)をカウントしています。
    メタデータフォーマットjunii2において、本文フルテキストへのリンク"fullTextURL"は「あれば必須」の項目です。
    ※各IRの設定によっては、本文へのリンク項目がIRDBに提供されておらず、本文があるにもかかわらず、「本文なし」となっているケースもあります。
    ※また「本文あり」となっているものでも、本文へのリンクではなく要旨などへのリンクであるケースもあります。

  • IRDB全体の版(著者版、出版社版、その他)の分布:
    NIItypeごとにコンテンツの版分布の割合(著者版フラグの項目"textversion"の値で判断)をカウントしています。
    • "textversion"の値が"author":「著者版」
    • "textversion"の値が"publisher":「出版社版」
    • "textversion"の値が"none":「その他」
    メタデータフォーマットjunii2において、著者版フラグ"textversion"は必須の項目ではありません。著者版フラグ"textversion"に入力がなかった場合はカウントしていません。
    ※IRDBに取り込む際に値のチェックをしているので、表記のゆれは存在しません。

  • IRDB全体の言語(日本語、英語、その他)の分布:
    NIItypeごとにコンテンツの言語分布(言語の項目"language"の値で判断)をカウントしています。
    メタデータフォーマットjunii2において、言語の項目"language"は必須の項目ではありません。言語の項目"language"に入力がなかった場合には、カウントしていません。
    ※言語の項目"language"は繰り返して記述できる項目です。言語の項目"language"が繰り返されていた場合には、それぞれの言語でカウントしています。
    ※言語の項目"language"の値には表記のゆれがあるため、以下のように判断しています。
    • 日本語:ja、ja_JP、jan、jap、Japanese、jpn、日本語、日本語||Japanese
    • 英語:en、en_US、eng、English、英語、英語||English
    • その他:上記以外

  • 日本国内の学術機関リポジトリの整備率:
    機関種別(国立大学、公立大学、私立大学、短期大学、高等専門学校、大学共同利用機関法人)ごとにIR整備率をカウントしています。全体数は、文部科学省による学校基本調査に基づいています。

  • IR毎の統計:
    IR毎に分析し、カウントしたものです。

▲ページTOPへ戻る