一覧に戻る

タイトル
  • ja 流域スケールの風の場の計算法に関する研究
その他のタイトル
  • WIND FIELD IN MESO-β SCALE CAUSED BY OROGRAPHIC EFFECTS
作成者

山田, 正

日比野, 忠史

中津川, 誠

権利情報
    • Copyright 1994 土木学会 ダウンロードを含むこの著作物の利用は、著作権法の私的使用及び引用の範囲に限り認められます。その範囲外の利用については、土木学会 の承諾が必要です。
主題
  • Other Meso-j3 scale
  • Other Coriolis effect
  • Other Ekman layer
  • Other Kao model
  • Other MASCON model
  • NDC 510
内容注記
Other
  • エクマン境界層を考慮した流域地形の効果を受ける風の場の計算モデルを提案した. ここで扱っている風の場は, 内部フルード数が臨界値を越える射流の場合である. モデルの妥当性は, Potential flow モデル, Kao モデル及びMASCONモデルによる計算結果の比較で行っている. さらに本モデルを2つの実流域に適用し, 地形効果の検討及びドップラーレーダによる観測値との比較を行っている. これらの結果, 本論文で提案するモデルは, コリオリ効果, 粘性効果及び地形効果を適切に表現していることがわかった.
出版者土木学会
日付 Created 2016-02-15 , Issued 1994-11
言語jpn
資源タイプjournal article
出版タイプVoR
資源識別子 URI http://hdl.handle.net/10258/1506
関連
  • isIdenticalTo DOI https://doi.org/10.2208/jscej.1994.503_49
  • isIdenticalTo NAID 130003982126
収録誌情報
    • NCID AN10014020
    • ISSN 0289-7806
    • 土木学会論文集
    503(II-29), 49-58
ファイル
コンテンツ更新日時2019-07-29T03:42:32Z