一覧に戻る

タイトル
  • ja 2011年東北地方太平洋沖地震津波に対する北海道沿岸域住民の避難行動調査
その他のタイトル
  • EVACUATION BEHAVIORS OF COASTAL RESIDENTS IN HOKKAIDO FOR THE 2011 TOHOKU EARTHQUAKE TSUNAMI
作成者
権利情報
  • © copyright 2013 土木学会
主題
  • Other tsunami
  • Other disaster
  • Other evacuation
  • Other questionnaire
  • Other education for disaster prevention
  • NDC 453
内容注記
  • Other 2011年東北地方太平洋沖地震津波による避難指示・勧告の解除直後,北海道沿岸域の住民に対して避難行動調査を実施した.その結果から,主に以下のことが示された.避難者の約8割が自動車を使用していた.また,予想される津波の高さが,陸上での浸水深や遡上高とは異なるものの,「津波はそれほど大きくないと思った」,「もう安全と思った」などの自己判断から,避難しても警報や注意報の解除前にその約6割が帰宅した.徒歩避難が原則ではあるが,確実に来る超高齢化社会や,気象や地形の地域性を考慮した避難行動計画が必要と考えられる.さらに,自己判断による被災を防止するために,防災知識と意識の醸成を図る防災教育の必要性が示唆された.
  • Other The Hokkaido tsunami joint survey group performed a questionnaire survey on tsunami evacuation behaviors of coastal residents in Hokkaido after the event of the 2011 Tohoku earthquake tsunami. This paper presents this survey result summarized in terms of evacuation procedures, conscious for the tsunami disaster and safety as well as disaster prevention education. It is found that a regional evacuation action plan requires being suitable to local landform and social composition, and that further enhancement of disaster prevention education is also necessary for minimizing the human damages owing to tsunamis expected in near future.
出版者 土木学会
日付
    Created2019-03-12 , Issued2013
言語
  • jpn
資源識別のタイプ journal article
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://hdl.handle.net/10258/00009733
関連
  • isIdenticalTo DOI https://doi.org/10.2208/kaigan.69.48
  • isIdenticalTo NAID 130004550940
  • isVersionOf URI https://www.jstage.jst.go.jp/article/kaigan/69/1/69_48/_pdf/-char/ja
収録誌情報
    • NCID AA12373113
    • ISSN 1884-2399
      • 土木学会論文集B2(海岸工学) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 69(1), 48-63
ファイル
コンテンツ更新日時 2021-04-13