一覧に戻る

タイトル
  • ja 股関節可動域制限に対する他動運動時の拮抗筋活動抑制条件の特定
作成者
寄与者
    • --- 日本学術振興会
主題
  • Other 平成24年度
  • Other 科学研究費補助金
  • Other 挑戦的萌芽研究
  • Other 研究成果報告書
内容注記
  • Other 九州看護福祉大学
  • Other 本研究では,股関節外転における運動の速度と範囲を任意に調整できる新装置を作製し,装置を含めた計測システムを用いることで被験者の股関節内転の力を計測した。その結果,健常成人において拮抗筋に電気刺激を加えることで最大発揮力が減少した.一方、寝たきり高齢者では速い速度の運動にて力が小さくなった.
  • Other In this research,we produced a new device which can adjust optionally the speed and the range of motion in the hip abduction and measured the force of the subject's hip adduction by using the measurement system including the device. As a result, the maximum force was decreased by adding an electric stimulation to antagonistic muscle in healthy adults. On the other hand, motion with fast speed made force small in bedridden old men.
  • Other source:https://kaken.nii.ac.jp/d/p/24650340.ja.html
  • Other identifier:24650340
  • Other identifier:50615317
日付
    Created2013-10-10 , Issued2013-03
言語
  • jpn
資源識別のタイプ research report
出版タイプ NA
資源識別子 URI http://id.nii.ac.jp/1164/00000294/
ファイル
コンテンツ更新日時 1970-01-01