一覧に戻る

タイトル
  • ja 臨床動作法を用いた新しい疼痛マネジメントに関する研究
その他のタイトル
  • Research for the new pain management strategy using Dohsa-hou (Japanese original psychotherapy by body movement technique) for chronic pain
  • リンショウ ドウサホウ オ モチイタ アタラシイ トウツウ マネジメント ニ カンスル ケンキュウ
作成者
主題
  • Other セルフコントロール
  • Other 疼痛
  • Other 動作法
  • Other 疼痛マネジメント
  • NDC 491
内容注記
  • Other type:研究報告書
  • Other 2011-2013年度科学研究費助成事業(基盤研究(C))研究成果報告書 課題番号:23530908 研究代表者:服巻豊(鹿児島大学・臨床心理学研究科・准教授)
  • Other 慢性疼痛の主要な要素は、交感神経の持続的かつ過剰な活性化と認知、情動や行動の問題の複合体である。従って、交感神経の抑制とセルフケア力にかかわるSelf-regulation(あるいはSelf-control)が疼痛マネジメントの鍵となる。我々は、日本独自の心理療法である動作法を用いて、これまで慢性疼痛を抱える維持透析患者の疼痛軽減ならびにセルフケア力の賦活効果を明らかにしてきた。よって動作法は、身体コントロールを通した慢性疼痛に有効な新しい疼痛マネジメント法であることを明らかにした。この報告は、3年間を通じて国内・国外の学会ならびに国内学会誌にて報告した。
  • Other The main element of the chronic pain is the continuous and excessive activation of sympathetic nerves and complex interaction of cognitive, emotional and behavioral activation. Therefore self-regulation (or self- control) including restraint of the sympathetic nerves and the ability of self-care of the chronic pain, is assumed to be a key of the chronic pain management. We clarified an effect of reductions of pains of hemodialysis patients, and the activation of the efficacy of self-care by using Japanese original psychological therapy called Dohsa-hou. The effectiveness of the new method of chronic pains management by using it has been further clarified. I have reported this through scientific society and domestic journals during these three years.
出版者 鹿児島大学
日付
    Created2016-10-28
言語
  • jpn
資源識別のタイプ research report
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://hdl.handle.net/10232/24280
ファイル
コンテンツ更新日時 2021-04-14