一覧に戻る

タイトル
  • ja 肝胆膵癌患者における腹腔動脈起始部圧迫症候群を伴う場合の弓状靭帯切離術
その他のタイトル
  • Release of median-arcuate ligament under laparotomy for patients with hepatobiliarypancreatic cancer complicated with celiac artery compression syndrome
  • カンタンスイガン カンジャ ニオケル フッコウ ドウミャク キシブ アッパク ショウコウグン オ トモナウ バアイ ノ キュウジョウ ジンタイ セツリジュツ
作成者

上野, 真一

前村, 公成

迫田, 雅彦

蔵原, 弘

又木, 雄弘

飯野, 聡

南, 幸次

安藤, 慶

松本, 正隆

大脇, 哲弘

北薗, 正樹

石神, 純也

新地, 洋之

夏越, 祥次

主題
  • Other Celiac artery compression syndrome
  • Other hepatocellular carcinoma
  • Other pancreatico-biliary cancer
  • NDC 494
内容注記
Other
  • type:論文(Article)
Other
  • In patients with hepatobiliary-pancreatic cancer, celiac artery compression syndrome (CACS) causes the technicaldifficulties of trans-arterial intervention or surgical therapies such as pancreaticoduodenectomy. Here, we report thesurgical procedure of the release of median-arcuate ligament under laparotomy and its benefits based on three caseswith hepatocellular carcinoma (HCC) or bile duct carcinoma complicated with CACS. Surgical decompression of CACS isrelatively easy method and could contribute re-modification of blood supply from celiac artery.
出版者鹿児島大学
日付 Created 2016-10-28
言語jpn
資源タイプdepartmental bulletin paper
出版タイプVoR
資源識別子 URI http://hdl.handle.net/10232/14450
収録誌情報
    • NCID AN00040104
    • ISSN 0368-5063
    • 鹿児島大学医学雑誌=Medical journal of Kagoshima University
    62(3), 37-40
ファイル
コンテンツ更新日時2019-11-22T06:55:00Z