一覧に戻る

タイトル
  • ja 富山県におけるコオイムシ(半翅目コオイムシ科)の生息状況の総括
その他のタイトル
  • en Habitat status of Appasus japonicus Vuillefroy, 1864 (Hemiptera: Belostomatidae) in Toyama Prefecture, central Japan
作成者
    • ja 岩田, 朋文
    • ja 澤田, 研太
    • ja 惣名, 実
主題
  • Other 絶滅危惧種
  • Other レッドデータブック
  • Other 止水域
  • Other ファウナ
  • Other 孤立
  • Other threatened species
  • Other red data book
  • Other water stagnation
  • Other fauna
  • Other isolation
内容注記
  • Other 富山県においてコオイムシAppasus japonicus Vuillefroy, 1864の生息状況を調査した.文献調査,標本調査,県内100ヵ所以上の野外調査の結果,本種の記録地は12ヶ所に整理された.記録地は県内の東部から西部にかけて広範囲に分散しているが,標高500メートル未満の地域に集中していることが判明した.一般的にこの標高帯は人為的な環境改変が激しい地域である.加えて,本種の生息が現在でも確認されたのは1ヶ所のみだった.したがって,富山県におけるコオイムシの生息状況は悪化していることが示唆された.
  • Other The habitats of Appasus japonicus Vuillefroy, 1864 were surveyed in Toyama prefecture, central Japan. As a result of literature survey, specimen survey, and field survey at over 100 places around the prefecture, the number of localities of A. japonicus was summarized in 12 places. While the localities exist dispersed extensively in the prefecture, they were found to be biased in the area of altitude less than 500 meters. Generally, this altitude zone is an area where artificial environmental alteration is intense. In addition, there is only one locality where this species inhabits now. Therefore, it seems that the habitats of A. japonicus is extremely deteriorated in Toyama prefecture.
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2018-07-20 , Issued2018-07-01
言語
  • jpn
資源タイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=445
関連
  • isIdenticalTo NAID 120006631868
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 42, 41-47
ファイル
コンテンツ更新日時 2022-10-02