一覧に戻る

タイトル
  • ja 学術活動に対する博物館の影響:甲殻類学会和文誌の分析から
その他のタイトル
  • en Academic contributions from museum work: A bibliometric analysis of Cancer, the Japanese journal of the Carcinological Society of Japan
作成者
    • ja 吉岡, 翼
内容注記
  • Other 博物館活動の国内における学術的影響を把握する一環として,日本甲殻類学会の和文誌『Cancer』を例にとり,引用文献の分析を行った.引用文献における博物館紀要は全体の6%を占め,大学紀要や同好会誌が減少する中,増加傾向にある.また,引用年齢はピークが3年,中央値が6年であり,大学紀要や同好会誌より短い.博物館紀要はその閉鎖性が課題とされるが,国内における学術情報流通においてその影響は相対的に増大していることが示唆された.
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2018-07-20 , Issued2018-07-01
言語
  • jpn
資源タイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=450
関連
  • isIdenticalTo NAID 120006631873
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 42, 71-72
ファイル
コンテンツ更新日時 2022-10-02