一覧に戻る

タイトル
  • ja 立山地獄谷の酸性温泉を起源とする化学成分の称名川での動態
その他のタイトル
  • en Behaviors of chemical constituents in River Shomyougawa originated from acid hot spring in the Jigokudani of Mt. Tateyama
作成者
    • ja 朴木, 英治
    • ja 丹保, 俊哉
主題
  • Other 地獄谷
  • Other 酸性温泉
  • Other 硫酸イオン
  • Other 塩化物イオン
  • Other 重金属
  • Other 重金属除去
  • Other Jigokudani Valley
  • Other acid spring
  • Other sulfate ion
  • Other chloride ion
  • Other heavy metals
  • Other heavy metals removal
内容注記
  • Other 称名川支流の紺屋川には強酸性の温泉が供給されるため,紺屋川の水の酸の主体となる硫酸イオンや塩化物イオンの濃度は陽イオン成分の濃度と比べて2桁程度高く,しかも,塩化物イオン濃度の上昇に伴って硫酸イオン濃度も上昇した.紺屋川の重金属類には,塩化物イオン濃度に比例して濃度が上昇するホウ素,鉛,鉄,水銀などと、アルカリ土類成分の挙動に近い亜鉛,カドミウム,ヒ素などがあった.また,塩化物イオン濃度に対する重金属成分濃度の比率は1年ほどの間で変化していることから,温泉活動に何らかの変化が起きていると考えられた.紺屋川から称名滝までの区間では,流入水による希釈に伴うpH上昇で、鉄の水酸化物が形成され,これによってセレン,ヒ素,6価クロム,水銀が完全に吸着除去されていた.また,称名滝の下流側では,アルミニウムとマンガンが水酸化物などを形成して沈殿除去され,さらに,流入水によって希釈されることにより,称名川の末端の藤橋での水質は、水利用に全く問題のない状態に改善され,常願寺川に合流していることが分かった.
  • Other Strong acid hot spring water was supplied to the Kouyagawa River of the Shomyo River water system in the Jigokudani Valley. Heavy metals such as Cd, Zn, B, Pb, Cr6+, As, Fe, Al and Hg were detected in water of the Kouyagawa River. Concentration ratios of heavy metals to chloride ion in water of the Kouyagawa River were changed from November 2015 to November 2016. The water quality at Fujibash-bridge where is end of the Shomyogawa River was improved in the state that there was no-problem for various water supply by a dilution of chemical constituents, a precipitation removal of the hydroxide of iron and aluminum formed by a rise in pH with dilution and an adsorption removal of the heavy metals with hydroxide of iron and aluminum. In this way, water quality of Shomyogawa River become excellent and flow into Joganji River.
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2018-10-30 , Issued2017-06-20
言語
  • jpn
資源タイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=1068
関連
  • isIdenticalTo NAID 120006632463
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 41, 31-40
ファイル
コンテンツ更新日時 2022-10-02