一覧に戻る

タイトル
  • en A new species of the genus Paraleptosphaeroma (Crustacea: Isopoda: Sphaeromatidae) from the rocky shore of Miyakojima, Okinawa, southwestern Japan
その他のタイトル
  • ja 沖縄県宮古島岩礁で発見されたヒラタウミセミモドキ属(甲殻亜門,等脚目,コツブムシ科)の1新種
作成者
    • ja 布村, 昇
主題
  • Other ヒラタウミセミモドキ
  • Other コツブムシ科
  • Other 等脚目
  • Other 新種
  • Other 分類学
  • Other Paraleptosphaeroma
  • Other Sphaeromatidae
  • Other Isopoda
  • Other new species
  • Other taxonomy
内容注記
  • Other 沖縄県宮古島市城辺友利の岩礁海岸潮間帯からParaleptosphaeroma属(ヒラタウミセミモドキ属)の1種が発見された.本属には今迄に世界各地の熱帯・亜熱帯水域から互いによく似た3種が知られている.今回発見された種は,そのうち,インド洋から知られているParaleptosphaeroma indica Müllerに最も似ているが,(1) 腹尾節後端が丸みを帯びて尖り,へこみがないこと,(2) オスの第2腹肢の交尾針がまっすぐなこと,(3) 生殖突起(ペニス)が短く太いこと,(4) 胸脚全体に剛毛数少なく,特に内側の長い剛毛が無いこと,(5) 体の周縁の皮膜状の構造とともに見られる長短の2タイプの剛毛があること,(6) 第1腹肢の周縁の剛毛が少ないこと,(7) 第3腹肢の周縁の剛毛が多いこと,(8) オスの第2腹肢外肢周縁の剛毛が少ないこと,(9)大顎鬚の第2節の剛毛数が多いこと,(10)第1小顎基節内葉の歯の数が多いこと,(11) 触角の剛毛数が多いことで区別され,新種Paraleptosphaeroma japonica (和名:ニホンヒラタウミセミモドキ:新称)として記載した.本属の発見は日本では初めてである.
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2018-10-30 , Issued2017-06-20
言語
  • eng
資源タイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=1070
関連
  • http://zoobank.org/References/A13D320D-2665-4173-994C-2AA42315E23D
  • isIdenticalTo NAID 120006632465
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 41, 17-22
ファイル
コンテンツ更新日時 2022-10-02