一覧に戻る

タイトル
  • en First record of Cavernacmella kuzuuensis (Suzuki, 1937) (Family Assimineidae) from Ishikawa Prefecture in Hokuriku District, central Japan
その他のタイトル
  • ja 石川県からホラアナゴマオカチグサ(カワザンショウガイ科)の初産出
作成者
    • ja 柏木, 健司
    • ja 近野, 由利子
    • ja 岡, 晃子
内容注記
  • Other 石川県白山市鴇ケ谷(手取川ダム左岸)の鴇ケ谷鍾乳洞は,白山手取川ジオパークのジオサイトの一つである.この報告では,鴇ケ谷鍾乳洞の簡易測量図面を示すとともに,ホラアナゴマオカチグサ(真洞窟性の微小陸貝)の死殻の産出を報告し,鴇ケ谷鍾乳洞が本種を含む真洞窟性の生物にとって良好な環境を保っていることを指摘した.本種は,石川県からは初の産出となり,今後,生貝による確実な生息確認が求められる.なお,希少生物と洞内環境を保全するため,論文では鴇ケ谷鍾乳洞の詳しい位置は省略している.
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2019-04-17 , Issued2019-07-01
言語
  • eng
資源タイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=1518
関連
  • isIdenticalTo NAID 120006652081
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 43, 63-67
ファイル
コンテンツ更新日時 2022-10-02