一覧に戻る

タイトル
  • ja 富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬トンネルを利用するコウモリ類の個体数変化(予察)
その他のタイトル
  • en Population changes of bats inhabitability the Yunose tunnel, Asahi-machi, Shimoniikawa-gun, Toyama Prefecture (forecast)
作成者
    • ja 清水, 海渡
内容注記
  • Other 新川郡朝日町湯ノ瀬トンネルにおいて2019年11月17日から2020年11月24日の約1年間、月に1度ほどの頻度で利用しているコウモリ類の個体数変化を記録した。今回生息を確認できた種はキクガシラコウモリ、モモジロコウモリ、ノレンコウモリ、ユビナガコウモリ、テングコウモリの5種であった。最も個体数増減があったユビナガコウモリは、最大で1、123頭を4月に記録した。本種は、春と秋に個体数が増大し、冬と夏に減少するため季節移動の途中に利用していると考えられる。ノレンコウモリは朝日町内での初記録となり、富山県全域としても、今回で4例目の確認となった。
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2021-04-08 , Issued2021-07-01
言語
  • jpn
資源タイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=2023
関連
  • isIdenticalTo NAID 120007097290
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 45, 59-62
ファイル
コンテンツ更新日時 2022-10-02