一覧に戻る

タイトル
  • ja 上部ジュラ系有峰層(富山県南東部)の砂岩層にみられる堆積構造
その他のタイトル
  • en Sedimentary structures in a sandstone bed of the Upper Jurassic Arimine Formation, southeastern Toyama Prefecture
作成者
    • ja 平澤, 聡
内容注記
  • Other 富山県南東部の東坂森谷中流域に見られる砂岩層の堆積構造を記載した。砂岩層の岩相は下位より偽礫を含む塊状な細粒砂岩(下部)、平行葉理の発達した極細粒砂岩(中部)とカレントリップル斜交葉理で特徴づけられる極細粒砂岩(上部)に大別され、それぞれBouma Ta、 TbおよびTcに類似する。ただし、下部に不明瞭な平行葉理の見られることや、“Tb”-“Tc”間に塊状な区間を挟在することから、典型的なTa-cであるとはいえない。またカレントリップル斜交葉理は、現在の北東から南西へ向かう古流向を示す。
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2021-04-08 , Issued2021-07-01
言語
  • jpn
資源識別のタイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=2028
関連
  • isIdenticalTo NAID 120007097295
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 45, 75-79
ファイル
コンテンツ更新日時 2021-10-24