一覧に戻る

タイトル
  • ja 富山市におけるツキノワグマの出没記録(2019年)
その他のタイトル
  • en Records of Asiatic black bear (Ursus thibetanus japonicus) in Toyama City, Toyama Prefecture in 2019
作成者
    • ja 南部, 久男
    • ja 清水, 海渡
権利情報
  • CC BY
内容注記
  • Other 2019年の富山市のツキノワグマの出没状況を報告した。2019年の出没件数は492件で、人身被害は、9月~11月に7件(軽傷8名、重症5名)発生した(富山県、2019)。クマの出没件数は大沢野地域と大山地域が100件を超し、八尾地域と細入地域が50件を超し、富山地域、婦中地域、山田地域が50件未満であった。春・夏(4~8月)の出没件数は富山市全体で41件、秋(9~12月)は451件であった。2019年秋は富山県ではクマの大量出没が起き、富山市でも大量出没が見られた。近年の富山県の秋の大量出没は、2004年、2006年と2010年に起きた。富山市でも2004年秋は393件(合併前の旧7市町村の合計)、2006年は338件、2010年は335件とクマの大量出没があり、2019年秋はこれらの年より出没が多く見られた。
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2021-04-08 , Issued2021-07-01
言語
  • jpn
資源識別のタイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=2031
関連
  • isIdenticalTo NAID 120007097298
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 45, 107-109
ファイル
コンテンツ更新日時 2021-10-24