一覧に戻る

タイトル
  • ja 立山における酸性雨観測結果(2020)
その他のタイトル
  • en Observation reports of acid rain collected on Mt. Tateyama (2020)
作成者
    • ja 加藤, 咲
権利情報
  • CC BY
内容注記
  • Other 立山有料道路沿いにおける酸性雨観測を2003年から継続しており、標高別に降水中のイオン濃度、pH、電気伝導度、粒子個数濃度(粒子個数濃度の測定は2012年より開始)の挙動をモニタリングしてきた。本報告では、2020年の観測結果について報告する。2020年は、硫酸イオンに特徴的な傾向がみられた。8月は全ての観測地点において、硫酸イオン濃度が他の月よりも高くなった。同時期に小笠原諸島にある西之島で噴火が発生しており、その影響が立山でも確認されたことを示唆した。
出版者 富山市科学博物館
日付
    Created2021-04-08 , Issued2021-07-01
言語
  • jpn
資源識別のタイプ departmental bulletin paper
出版タイプ VoR
資源識別子 URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=2033
関連
  • isIdenticalTo NAID 120007097286
収録誌情報
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 45, 113-117
ファイル
コンテンツ更新日時 2021-10-24