Back

Title
  • ja Groves-LedyardメカニズムにおけるNash均衡の達成可能性 : 実験研究
Alternative
  • en Attainability of a Nash Equilibriumthrough Groves-Ledyard Mechanism : An Experimental Study
  • ja Groves-Ledyard メカニズム ニオケル Nash キンコウ ノ タッセイ カノウセイ ジッケン ケンキュウ
Creator

ja 曽山, 典子

ja 森, 徹

Contributor
天理大学人間学部総合教育研究センター
名古屋市立大学大学院経済学研究科
Subject
  • Other Grove-Ledyard メカニズム
  • Other Nash均衡
  • Other 実験
Description
Other
  • 本稿では,傾きを同じくする線形の公共財限界評価曲線をもつ個人を想定し,Groves-Ledyard メカニズムの下で,彼らがNash 行動(Cournot-Nash 最良反応動学)に従ってメッセージの選択を行う場合,メッセージがNash均衡に収束し,Pareto効率的配分が達成されるための条件を,罰則パラメータγの範囲として導出し,この範囲の下限γCは,Groves-Ledyard メカニズムがsupermodurality を満たすための条件としてY. Chen が示したγ の閾値γSを下回ることを明らかにした.その上で,罰則パラメータγ を,0<γ<γC,γC<γ<γSおよびγS<γの3通りに設定した実験を実施し,どの設定においても,意思決定ラウンドの後半にはNash 行動が一般的となることを確認し,0<γ<γCと設定した場合にはNash 均衡へのメッセージの収束は期待できないが,γS<γと設定した場合のみならず,γC<γ<γSと設定した場合においても,大部分の実験セッションでNash 均衡へのメッセージの収束が観察されるという実験結果を得た.
Date Created 2014-06-23 , Issued 2010-03-31
Languagejpn
NIItypedepartmental bulletin paper
VersiontypeAM
Identifier URI http://id.nii.ac.jp/1124/00000754/
Journal
    • NCID AN00025971
    • ISSN 0389-1364
    • オイコノミカ
    46(4), 83-104
File
Oaidate2018-04-13T06:23:06Z