Back

Title
  • リベラリズムと障害者
Creator

柏葉, 武秀

Subject
  • Other リベラリズム
  • Other 社会契約論
  • Other ケイパビリティ
  • Other 障害者
  • Other 障害学
  • NDC 150
Description
Other
  • 本稿では、分析的伝統に立脚する現代の倫理学、とりわけリベラリズム政治哲学は障害者を公正に
    扱いえないという通説を検討する。たとえば、ロールズの社会契約論は正義の名にふさわしいまっ
    とうな社会についての構想から障害者を排除していると強く批判されてきた。
    本稿の目的は、このリベラリズム政治哲学と障害学を架橋する可能性を探究することにある。本稿
    は以下の4 節に分けられる。まず、障害者への財の分配をめぐって戦わされたロールズとセンの論
    争を瞥見する。次に、ロールズの政治的人格論こそが政治領域で障害者を不公正にあつかってしま
    う原因であると示したい。3 節では、障害者の政治的・道徳的地位を基礎づけるには、自身の「ケイ
    パビリティ・アプローチ」がロールズ正義論への最善の代替案だというヌスバウムの主張を跡づける。
    最後にケイパビリティ・アプローチが直面せざるをえない二つの問題を指摘する。
Publisher北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター
Date Issued 2010-03
Languagejpn
NIItypedepartmental bulletin paper
VersiontypeVoR
Identifier URI http://hdl.handle.net/2115/51831 , DOI https://doi.org/10.14943/ouyourin.3.34
ID

JaLC10.14943/ouyourin.3.34

Journal
    • ISSN 1883-0110
    • 応用倫理
    3, 34-44
File
Oaidate2019-05-15T09:34:00Z