Back

Title
  • ja 富山県におけるツキノワグマによる2012~2013年秋のカキノキ利用状況
Alternative
  • en Use of the Persimmon trees by Japanese black bear in Toyama Prefecture, during autumn in 2012 to 2013
Creator
    • ja 後藤, 優介
    • ja 南部, 久男
Description
  • Other 2012~2013年秋のツキノワグマのカキノキの利用状況を知るため,県内小河川流域20地域のカキノキで,爪跡調査を行い,2010年秋と2011年秋のそれと比較した.2012年秋は,神通水系(12%)を除くその他の地域では1~5%と少なく,2013年は神通水系(5%)を除くと,各地域とも1~6%と2012年秋と同様の結果を示した.2011年秋はいずれの流域でもツメ痕は見られなかった.大量出没年の2010年秋は,氷見地方を除くと,いずれの地域も高い割合を示し,特に,小矢部川,常願寺川,栃津川,角川の各流域は50%を越す高い割合を示した.2010年秋の大量出没時には山の餌資源不足により,カキノキのツメ痕の割合いが高くなり,2011年以降ツメ痕が低い割合で推移した理由は,ブナやその他の堅果類の豊凶が関係していると考えられる.
Publisher 富山市科学博物館
Date
    Created2018-10-30 , Issued2015-06-20
Language
  • jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Version Type VoR
Identifier URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=1021
Relation
  • isIdenticalTo NAID 120006632417
Journal
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 39, 95-96
File
Oaidate 2022-10-02