Back

Title
  • ja 富山湾における鯨類の記録(2020年)
Alternative
  • en Records of cetaceans in Toyama Bay, Sea of Japan, 2020
Creator
    • ja 南部, 久男
    • ja 西尾, 正輝
    • ja 川上, 僚介
    • ja 田島, 木綿子
    • ja 山田, 格
Description
  • Other 筆者らは1999年以来富山湾(主に富山県側)の海棲哺乳類の調査を行っているが、2020年は富山湾(富山県側)で鯨類1種(カマイルカ)の漂着を確認した。4月14日に氷見市の海岸でオス1個体、5月20日に高岡市の海岸でオス1個体の漂着があった。また、石川県能登町沖では、3月下旬にカマイルカの大きな群れが目撃されている(北陸朝日放送公式ページ、2020。4。10。)。カマイルカは富山湾に漂着する鯨類で最も多く、2002年から2020年にかけ34件、34個体の漂着が確認された。地域別では、富山県西部(氷見市、高岡市)が24個体、富山県中央部(射水市、富山市)が3個体、富山県東部(魚津市、黒部市、入善町)が7個体で、富山県西部は全漂着個体の71%を占める。漂着は2~7月だけにあり、4~6月が全漂着個体(皮と骨だけの個体除く)の87%(27個体)を占めた。雌雄が明らかな25個体(オス17個体、メス8個体)の内、吻の破損や尾の欠損が見られない16個体の体長の中央値(個体数、最小-最大;単位cm)は、オス171(9、85-218)、メス181。5(7、108-213)であった。
Publisher 富山市科学博物館
Date
    Created2021-04-08 , Issued2021-07-01
Language
  • jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Version Type VoR
Identifier URI http://repo.tsm.toyama.toyama.jp/?action=repository_uri&item_id=2026
Relation
  • isIdenticalTo NAID 120007097293
Journal
    • NCID AA12306127
    • ISSN 1882-384X
      • 富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum 45, 69-71
File
Oaidate 2021-10-24