Back

Title
  • ja 実スケールの雲物理実験と降雨モデルによる雲の微物理過程の考察
Alternative
  • PROTOTYPE EXPERIMENT OF CLOUD PHYSICS USING THE LONG VERTICAL SHAFT IN A MINE
Creator
    • 山田, 正
    • 日比野, 忠史
    • 深和, 岳人
    • 松浦, 正典
    • 藤吉, 康志
    • 播磨屋, 敏生
    • 稲毛, 正昭
Rights
  • Copyright 1995 土木学会 ダウンロードを含むこの著作物の利用は、著作権法の私的使用及び引用の範囲に限り認められます。その範囲外の利用については、土木学会 の承諾が必要です。
Subject
  • Other latent heat
  • Other mixing ratio
  • Other micro-cloud physics
  • Other rainfall
  • Other cloud experiment
  • NDC 510
Description
  • Other 著者らは北海道の炭坑にある長大立坑を用いて実スケールの雲物理実験施設を建設してきた. 本論文はこれを用いた雲物理実験の結果を報告するものである. この実験ではビデオカメラにより雲の形成過程を捕らえることができた. また立坑内の気温の鉛直分布の観測により気温減率はある高度を境として2本の直 (曲) 線で表されていることがわかった. このことは本実験立坑内では水蒸気が雲に相変化する際に潜熱が放出されていることを示している. さらに本実験立坑内では水蒸気が不飽和状態においても雲粒に相変化していることが観測された. 次にバルクパラメタリゼーションモデルを用いて本実験条件のもとでの雲の発生シミュレーションにより観測データの数値検証を行った. この結果, 不飽和において雲が発生することを条件とすることで本実験の結果を再現することができた.
Publisher 土木学会
Date
    Created2016-02-15 , Issued1995-02
Language
  • jpn
Resource Type journal article
Version Type VoR
Identifier URI http://hdl.handle.net/10258/1505
Relation
  • isIdenticalTo DOI https://doi.org/10.2208/jscej.1995.509_1
  • isIdenticalTo NAID 130003800517
Journal
    • NCID AN10014020
    • ISSN 0289-7806
      • 土木学会論文集 509(II-30), 1-13
File
Oaidate 2021-04-13