Back

Title
  • ja 共培養実験系を用いたエナメル上皮腫による骨破壊の分子機構解明とリスク判定への応用
Alternative
  • The analysis of molecular mechanism of bone destruction using invitro cocultivation assay and application to a risk management in ameloblastoma
  • キョウバイヨウ ジッケンケイ オ モチイタ エナメル ジョウヒシュ ニヨル コツ ハカイ ノ ブンシ キコウ カイメイ ト リスク ハンテイ エノ オウヨウ
Creator
Subject
  • Other 国際情報交換
  • Other インドネシア
  • Other エナメル上皮腫
  • NDC 494
Description
  • Other type:研究報告書
  • Other 2012-2013年度科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)研究成果報告書 課題番号:24659900 研究代表者:藤井智美(鹿児島大学・医歯(薬)学総合研究科・教務職員)
  • Other 本研究では、エナメル上皮腫患者の病変部と健常者の口腔粘膜より採取した細胞を不死化し、新規エナメル上皮腫細胞株AM-3と正常口腔粘膜上皮細胞株MOE-1を樹立した。これらの新規細胞株と既存のエナメル上皮腫細胞AM-1を用いて研究を行った。その結果、エナメル上皮腫細胞株(AM-3)では、正常口腔粘膜上皮細胞株(MOE-1)と比較してWnt-5a、Fz-2、MMP-2、-9の高発現をみとめた。また、Wnt3aで刺激したAM-3はMMP-9の発現が著明に亢進した。さらに、AM-3と破骨細胞前駆細胞であるRAW264.7細胞を共培養すると破骨細胞分化が促進されることが示された。
  • Other In this study, we immortalized cells which we obtained from the lesion of amelobla stoma and the oral mucosa of the healthy subject and established new ameloblastoma cell line (AM-3) and no rural oral mucosa epithelium cell line (M0E-1). The expression of Wnt5a, Fz-2, MMP-2, -9 was higher remarkably in ameloblastoma cell line than normal oral mucosa epithelium cell line. Also, Wnt-3a treatment activated expression of MMP-9 of AM-3. Furthermore, osteoclasts differentiation was induced when we cocultivated with AM-3cells and RAW 264.7 cells which were osteoclastic precursors.
Publisher 鹿児島大学
Date
    Created2016-10-28
Language
  • jpn
Resource Type research report
Version Type VoR
Identifier URI http://hdl.handle.net/10232/24041
File
Oaidate 2021-04-14